スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダビング10の仕組み1

ダビング10は、どうやって孫コピーを規制しているのでしょう?
その仕組み自体は、それほど複雑ではありません。
基本的には、ワンスコピーと同じだからです。

ワンスコピーは、一回のみのコピーが可能という仕組みのように思えますが、厳密には一世代のみのコピーが可能という考えの下で設計されています。
例えば、地上デジタルテレビジョン放送の番組をHDD録画機器やDVDレコーダーに録画した場合、これを一世代目のコピーとみなします。
この時点で、内蔵された放送データはコピー不可のデータとして処理されます。
よって、次にこのHDD録画機器やDVDレコーダーから別のメディア(DVDなど)への録画を行なう事はできなくなるのです。

では、ダビング10は二世代目のコピーまで許可しているシステムなのかというと、実は違います。
コピーワンスと同じく、一世代目のコピーがなされた時点で、そのデータをコピー不可として処理します。
もちろん、それではワンスコピーとなんら変わりませんよね。
どこが違うのかというと、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器に保存した時点では、一世代目のコピーとはみなさない、という点です。

これによって、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器に関してだけは、次のコピーが一世代目のコピーとなる為、別メディアへの移動が可能となったのです。
ただし、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器から別のデジタルチューナー搭載のHDD録画機器に移動させた場合は、その時点でコピー不可データとなります。
これがダビング10の仕組みです。

ダビング10の仕組み2

ダビング10は、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器への最初の保存のみ、一世代目のコピーとはみなさない技術によって整理しています。
では、もしデジタルチューナー搭載のHDD録画機器以外の録画機器で最初に録画した場合は、一体どうなるのでしょうか。

結論から言えば、ワンスコピーと同様の扱いになります。
つまり、録画した時点でそのデータはコピー不可のデータとして処理され、他のメディアへのコピーが不可能となります。
主にリムーバブルメディアへの録画が行なわれた場合のケースですね。

リムーバブルメディアとは、一般的な意味としては持ち運びが可能なメディアの事を指します。
最もわかりやすい例だと、Blue-ray Disc、DVD、現在は撤退されているHD DVDなどの光ディスクですね。

また、これ以外にも、メモリースティック、SDメモリーカードなどといったメモリーメディアやリムーバブルHDDなども該当します。
これらのリムーバブルメディアに最初に録画した場合、もうその時点でコピーができなくなるのです。

これが何を意味するのかというと、ダビングしたければデジタルチューナー搭載のHDD録画機器を買ってください、という事です。
あまり感心できる仕様ではありませんよね。
ダビング10が融通の利かない規則として不満を述べられているのも、この点が大きく響いていると思われます。

ダビング10が今後録画の規制として定着するには、こういった面の改良が必須と言えます。

ダビング10運用開始

ダビング10の内容が正式に公表されたのは、2007年12月20日でした。
既にこの以前から、地上デジタルテレビジョン放送の録画規制に関しては、かなり不満の声が挙がっていたので、コピーワンスと比較した場合の規制緩和という事になるダビング10は、諸手を挙げて歓迎されるはずでした。

しかし、著作権者への私的録音録画補償金制度などといった問題があり、むしろこれまでとは違う方面からの不満の声が噴出しました。
この著作権者への私的録音録画補償金制度というのは、著作権法において、個人、あるいは家庭内で楽しむ分の複製に関してはお咎めなしだが、デジタル方式の録画に関しては一定割合で補償金を徴収しますよ、という制度です。

ここで「え? DVDで録画してるけどそんなの払ってないよ?」と思う方も多いでしょう。
実際は、払っています。
DVDなどのデジタルメディアには、その購入時の代金に既にその補償金が含まれているのです。
ですから、現時点でデジタル方式の録画を行なう場合は、無自覚のうちに皆補償金をはらってやっているということになります。

これの何が問題なのかというと、この補償金に関して、録画回数が1から10に変わるなら、補償金は増えてしかるべきという意見が出されたのです。
これにメーカーが大反発し、結果ダビング10は当初2008年6月2日から運用が開始される予定でしたが、7月5日に延期される事になりました。

こういった紆余曲折があって、ダビング10は運用される事となったのです。

ダビング10の問題1

ダビング10は、コピーワンスと比較し、大分規制が緩やかになっています。
とはいえ、それでも問題は山積みです。
でなければ、2008年の6月辺りにはとっくに成立していた筈ですから、かなりの問題が生じていたと考えて良いでしょう。

実際、ダビング10には問題が数多くあります。
例えば、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器に限定されている点です。
つまり、HDDを搭載していない録画機器に関しては、ダビング10は採用されないのです。
この場合は、従来どおりの動作となります。
録画機器の形態によってルールが違うというのは、不公平感を拭えません。

また、少し前に発売された録画機器がダビング10に対応していないというのも、やはり不公平感が出てしまいます。
ちょっと前に買ってしまった人にとっては、複雑な心境にならざるを得ません。

こういった点も考えると、ダビング10はどうも柔軟性に欠けているという印象があります。
それによって、視聴者が右往左往してしまうようでは、ルールとしてやや稚拙という感じです。
問題点が指摘される時点でまだまだ熟成が足りないとも言えますが、やはり安易に決めてしまった部分が多いように思えました。

とはいえ、コピーワンスと比較した場合、かなりマシになったのも確かです。
視聴者がどういった規格を望んでいるのか、どのような録画形態であればストレスを感じないのかといった点をもう一度見直して行けば、誰もが納得する物ができるのではないでしょうか。

ダビング10の問題2

ダビング10の問題点の一つに、いわゆる孫コピーができない、というものがあります。
この孫コピーというのは、コピーした元データではないデータを更に別の媒体にコピーするというものです。
つまり、「A→B、A→C」ではなく「A→B→C」というコピー方法ですね。
これができないという事は、元データが消えてしまったら、もうコピーはできなくなるという事になります。

これに関しては、問題というよりは意図的に規制しているといった方が良いでしょう。
犯罪防止としてダビング10を利用する以上、孫コピーを規制しないことにはあっという間に大量複製が可能となってしまうからです。
ただ、孫コピーも含め9回まで、とすれば、この観点でのマイナス面はなくなります。
元データが消失する可能性を考えると、一度の孫コピーは許可して欲しいというのが本音ですね。

ダビング10の問題として他に挙げられるのが、有料放送への未対応です。
地上波は全てフォローしているものの、WOWOWなどの有料放送に関しては、コピーワンスになってしまうというのがダビング10の現状です。
例えば、サッカーの試合を録画した時、それを数人の友人からダビングして欲しいと頼まれても、できないのです。
これはあまり使い勝手のいいことではありませんよね。
有料放送だからコピーする必要はない、なんて言う理屈があるわけでもないのですから、このあたりに関してももう少し柔軟性を持って欲しいものです。

スポンサードリンク
リンク集

liz lisa TRALALA
そうだ、医療事務専門学校に行こう!
相談員という仕事
中村俊輔@セルティック
クイーポ バッグ 西村知美さんリクエスト
口臭、もう悩まないで!
ハイドロカルチャーは、お部屋のオアシス
化粧品通販ならDHCだよね。
切ってもきれない冷え性と不妊の関係
あなたの家族が五月病になったら。
加齢臭、嫌われるぞ!
ニチイ学館で医療事務資格を取る。
地球温暖化するとホッキョクグマが絶滅する?
バストアップにいいサプリメントって何?
バストアップは、お茶とコーヒーでできる
バストアップに効くこんな食べ物
バストアップの費用はおいくら?
バストアップ 今はやりの美容整形外科
バストアップの賢い方法
バストアップとダイエットどちらが先?
バストアップとダイエットどっちが先?
バストアップのツボ、マッサージ
バストアップのケアサロン「むねの谷子」
バストアップとキャンディーの意外な関係
バストアップに必須エクササイズとヨガ
バストアップにブラジャーをどうぞ
バストアップと女性タレント
バストアップと叶姉妹の関係
バストアップにいいグッズ
ゴルフ レッスン~ゴルフ スウィングの基本マスター
バレンタインの贈り物は心をこめて
花粉症の方へ〜鼻対策できてますか?
ホワイトデーに花束を
秘伝!賢い子に育つ勉強机の選び方
エリオット波動理論。FX初心者のための成功法則
青梅マラソン、元祖市民マラソン大会
必見!国の教育ローンについて考える。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。